メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー J1 セ大阪1-0神戸 柿谷、待望今季初G

【神戸-セ大阪】後半、ゴールを決め喜ぶセ大阪の柿谷=久保玲撮影

 (第12・24・25節 16日)

 <セ大阪1―0神戸>

 前半に退場者を出して、ゲームプランが狂ったセ大阪。早々に、引いて守る以外の選択肢を奪われたが、FW柿谷はあくまで勝利にこだわっていた。

 まさにワンチャンスだった。前半30分過ぎにFW都倉がレッドカードで一発退場。10人での戦いに5バックを敷いたが、自陣に押し込まれる状況が続いていた。

 引き分けで御の字。誰もがそう思い始めた後半17分、待望の瞬間は訪れた。FKの跳ね返りから、MFデサバトが早めに浮き球のクロスを前線に供給。後方から、相手DFの前に飛び出した柿谷が頭で流し込んだ。「タイミング、パス、動き出し、全てがかみ合った」と自賛するゴールが劣勢をはね返した。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです