メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市に賠償命令 石綿施設点検、死亡 福岡地裁

 北九州市立総合体育館(八幡東区)で点検などの作業に当たり、肺がんを発症して死亡した男性(当時78歳)の遺族が、アスベスト(石綿)対策を怠ったのが原因だとして市と業務を請け負った勤務先のビルメンテナンス会社に計約3400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁(徳地淳裁判長)は16日、市と同社に計2580万円の支払いを命じた。

 弁護団によると、石綿が含まれる建物について自治体の管理責任を認めた判決は全国で初めてという。業務委託後も石綿被害防止の責任を求めた形で、自治体側に厳しい姿勢を示した。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです