菅内閣本格始動、首相「身の引き締まる思い」 桜を見る会は「予算要求しない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
組閣から一夜明け、記者の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2020年9月17日午前8時40分、滝川大貴撮影
組閣から一夜明け、記者の質問に答える菅義偉首相=首相官邸で2020年9月17日午前8時40分、滝川大貴撮影

 菅義偉内閣が17日、本格始動した。菅首相は「まさに身の引き締まる思いだ。国民のために働く内閣をスタートさせて、しっかりとした成果を上げて国民の期待に応えたい」と首相官邸で記者団に語った。また各府省の副大臣・政務官人事を18日に行う考えも示した。新内閣での政務の陣容を固めたうえで、新型コロナウイルスの感染防止と収束、経済の再生という最優先課題に取り組む。

 首相は17日午前6時40分過ぎに東京・赤坂の衆院議員宿舎から公用車で官邸に入り、敷地内で朝の日課の散歩をした。その後、近くのホテルで朝食を取り、同8時40分ごろに再び官邸へ入った。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文755文字)

あわせて読みたい

注目の特集