安倍前首相の師、加藤節さんが嘆く哲学の欠如 前政権で始まった「政府の暴走」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
成蹊大学の加藤節名誉教授=東京都武蔵野市で2020年2月28日、内藤絵美撮影
成蹊大学の加藤節名誉教授=東京都武蔵野市で2020年2月28日、内藤絵美撮影

 もしかしたら、誰よりも厳しいまなざしでこの7年8カ月を見てきた人かもしれない。安倍晋三前首相の母校・成蹊大の加藤節・名誉教授である。政治哲学の泰斗は、悲しげに元教え子の政権を「落第」と評するのだ。なぜ落第なのか。そして、その政権が長く続いたのはなぜか。初秋の一日、警鐘に耳を傾けた。【吉井理記/統合デジタル取材センター】

法に基づく支配を破壊した政権

 ――個別の政策の評価はさまざまですが、この7年8カ月を、少し大きな視点で考えたいと思います。日本政治にとって、安倍政権とはどんな存在だったと考えていますか。

 ◆端的に言えば、法に基づく支配と法的安定性を破壊し、政府の暴走が始まった、という意味で、歴史に残る内閣です。

 ――といいますと?

この記事は有料記事です。

残り3443文字(全文3762文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集