メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最大派閥・細田派 懸念はエース4人の競争激化 カギ握る安倍氏の意向

安倍晋三氏=吉田航太撮影

 菅義偉首相(71)は16日に発足した新内閣で、「ポスト安倍」と呼ばれた首相候補たちを多数起用した。首相候補らを競わせ自らの求心力を高めながら、菅内閣としての実績を上げさせるとみられる。菅氏の自民党総裁任期は2021年9月末まで。派閥にくさびを打ちつつ、来年秋の総裁選や将来をにらんだ布石にも映る新布陣に込めた狙いとは。

 首相は細田派(98人)からは5人の閣僚を起用した。そのうち萩生田光一文部科学相(57)と西村康稔経済再生担当相(57)を再任したのは、同派の「将来のエース」として両氏に期待を寄せる安倍氏に配慮したためだ。だが、総裁選では下村博文政調会長(66)、稲田朋美前幹事長代行(61)も出馬を模索した。4人の競争が激化すれば、同派の結束は揺らぎかねない。

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. 任命拒否、04年「想定外」 学術会議人事、政府文書に明記

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです