メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「自信の品質、ぜひ食べて」 柿「西村早生」出荷始まる 福岡・朝倉

JA筑前あさくらの中央選果場で始まった「西村早生」の出荷作業=福岡県朝倉市で

[PR]

 全国有数の柿の産地、福岡県朝倉市のJA筑前あさくらで柿「西村早生(わせ)」の出荷が始まった。

 JA柿部会では約370人の生産者が227ヘクタールで柿を栽培。2017年の九州北部豪雨の被災を克服し、JAと生産者、関係機関が連携して園地の流動化や省力化技術の導入、インターネット通販など市場外流通の強化などを図る柿プロジェクトに取り組んでいる。

 JA中央選果場では生産者が持ち込んだ柿を目視と選果機のカメラなどでサイズや品質別に仕分けし、次々に箱や袋に詰めた。今後、「早秋」「太秋」「秋王」「早生富有」「富有」「冷蔵柿」と続き、来年2月上旬まで計約3050トンを販売する見通しという。

 JA果樹課の林明生係長は「台風による落葉で西村早生はやや小玉傾向だが、メインの富有柿は順調。皮をむいて食べる果物は手に取りづらいかと思うが、自信を持って出せる品質なので、ぜひ食べていただきたい」と話している。【桑原省爾】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです