メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀、金融緩和維持 景気は「持ち直しつつある」に修正 金融政策決定会合

金融政策決定会合に出席するため、日本銀行本店に到着した黒田東彦総裁(中央)=東京都中央区で2020年9月17日午前8時20分(代表撮影)

[PR]

 日銀は17日に開いた金融政策決定会合で、新型コロナウイルス対策を含む現行の大規模な金融緩和を維持すると決めた。コロナ禍が長引くことを見据え、3月以降講じてきた危機対応策の継続が望ましいと判断した。足もとでは金融市場の混乱や企業の資金繰り悪化といった事態は生じておらず、追加緩和は見送った。

 景気の現状認識については、前回の7月会合で示した「きわめて厳しい状態にある」から「引き続き厳しい状態にあるが、持ち直しつつある」に表現を修正した。今夏の感染再拡大で個人消費などの回復ペースは鈍いが、経済活動が徐々に再開したことで4~6月を底に「年後半から徐々に改善していく」との基本シナリオに沿った景気回復が進みつつあることを踏まえた。【浅川大樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです