メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、ワクチン配布「10月にも」 コロナ功績前のめり、専門家と食い違い

ホワイトハウスで記者会見するドナルド・トランプ米大統領=2020年9月16日撮影、AP

 11月の米大統領選で再選を目指す共和党のドナルド・トランプ大統領(74)は16日、開発が進む新型コロナウイルスのワクチンについて「10月中旬にも配布を開始できる」と述べた。一方で政府の専門家は「広く一般への接種が可能になるのは2021年後半以降」との見通しを表明。選挙を意識しウイルス対策の功績に前のめりになるトランプ氏との食い違いを見せている。

 トランプ氏はホワイトハウスでの記者会見で、米国内の製薬会社などが開発を急ぐワクチンについて「(実用化を)10月にも発表できるだろう。一般への接種も時間を置かずに始めたい」と述べた。これに先立ち、米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は16日、上院公聴会に出席し「国民に広く提供できるようになるのは、来年の第2四半期(4~6月)後半から第3四半期(7~9月)以降になる」と証言した。

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです