メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力規制委、伊方原発の「乾式貯蔵施設」の設置許可 使用済み核燃料保管

 伊方原発に使用済み核燃料を保管する乾式貯蔵施設のイメージ(四国電力提供)

[PR]

 原子力規制委員会は16日、四国電力伊方原発(愛媛県)の敷地内で使用済み核燃料を保管する「乾式貯蔵施設」の設置を許可した。6月に四国電の設置計画を了承し、一般からの意見公募などを行っていた。

 施設では、燃料プールで冷やした燃料をキャスクと呼ばれる空冷式の金属容器に入れて保管する。四国電が2018年5月、プールが数年後に満杯になる恐れがあるとして、規制委に設置に向けた審査を申請していた。

 計画によると、施設は床面積約2400平方メートルの鉄筋コンクリート造りで、最大でキャスク45基に燃料集合体約1200体を貯蔵可能。24年度の運用開始を目指す。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  2. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです