メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親の介護、40~50代正社員の26%が離職意識 女性多く

[PR]

 親が症状の重い要介護状態になった場合、40~50代の正社員の26・1%が離職を意識し、女性の方がその傾向が強い―。高齢社会に関する研究をしている民間シンクタンクのアンケートで16日、そんな結果が分かった。

 調査は公益財団法人「ダイヤ高齢社会研究財団」(東京)が今年3月、インターネットで実施。40~50代の正社員で親が存命の男女890人が回答した。

 親が重度の要介護状態になった場合の離職の可能性を尋ねたところ「可能性は大きい」と答えたのは7・8%、「どちらかというと大きい」が18・3%。男女別では、両方を足して男性が22・3%、女性は35・3%だった。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです