メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボートなどの航行区域見直しを検討 猪苗代湖4人死傷事故で推進協

水難事故が発生した猪苗代湖の中田浜=福島県会津若松市で2020年9月6日午後3時19分、本社ヘリから玉城達郎撮影

[PR]

 福島県会津若松市の猪苗代湖中田浜の沖で、小型クルーザーと接触し小学生を含む4人が死傷した事故を受け、住民や水面利用団体などでつくる「猪苗代湖水面利活用基本計画推進協議会」の会津若松地域部会が15日夜、同市内で開かれた。湖の安全な利活用や事故防止策を話し合い、県の担当者は、ボートなどの航行可能区域を見直す可能性を示唆した。

 非公開で行われ約20人が参加。県によると参加者からは「利用可能な区域やルールの周知がなされていなかったのではないか」「一部のマナーを守らない人のために事故が起きた」などの意見が出された。中には、現状では湖を泳ぐことは禁止できないため、条例整備の必要性を訴える意見もあったという。

 会議の結果、事故原因が究明されれば中田浜以外も含めて現在の航行可能区域を見直す検討をするとし、湖面の利用できる区域を知らせる看板の設置やチラシ配布、湖面上にブイを設置する方針を決めた。簡易な看板は今週中にも設置される予定。【三浦研吾】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです