はやぶさ2、地球に向けてのイオンエンジン運転終了 12月にカプセル着地へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小惑星探査機はやぶさ2が地球に向かう主エンジンの運転を完了し、喜ぶプロジェクトチームのメンバー=プロジェクトチームのツイッターから
小惑星探査機はやぶさ2が地球に向かう主エンジンの運転を完了し、喜ぶプロジェクトチームのメンバー=プロジェクトチームのツイッターから

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に小惑星リュウグウの物質を持ち帰るための主エンジン(イオンエンジン)の最終運転を終えたと発表した。はやぶさ2は今後、地球への最終誘導段階に入り、今年12月6日、オーストラリアの砂漠へリュウグウの石などが入っているとみられるカプセルを着地させる予定。

 2019年11月にリュウグウを出発したはやぶさ2は、同月~今年2月と今年5~8月の2回にわたるイオンエンジンの連続運転を計画通りにこなした。今回の運転は探査機の軌道を地球へ向けて微調整するのが目的で、9月15日午後10時過ぎに開始。約30時間運転し、17日午前3時15分ごろにエンジンの停止を確認した。リュウグウへの往復で9000時間あまり運転したことになる。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文782文字)

あわせて読みたい

注目の特集