メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」コレクション

古典、新作能、海外公演と幅広く活躍 能楽師・梅若実玄祥さんとのトーク拡大版

対談する能楽師で人間国宝の梅若実玄祥さん(右)と桂南光さん=大阪市北区で2020年7月17日、菱田諭士撮影

 能楽は遠く奈良時代の民間芸能にルーツをさかのぼり、平安時代から「猿楽」として発展、室町時代に観阿弥、世阿弥が大成しました。梅若実玄祥さん(72)はシテ方観世流の能楽師で人間国宝。梅若六郎家当主として伝統を受け継ぐ一方、現代能でマリー・アントワネットを演じるなど驚くほどの柔軟さを発揮し、古典のみならず新作能、海外公演と幅広く活躍。昨年にはフランス政府から芸術文化勲章を贈られ、国内外で名声を得ています。祖父、父から連綿と受け継いだ伝統、舞台を極めた者にのみ訪れる感覚……。3歳の初舞台から70年を迎える名人の語りは穏やかで時に軽妙ですが、能楽への思いは熱く、深いものでした。10年来、実玄祥さんに謡や鼓の教えを請い、能と落語のコラボレーション企画なども開いてきた桂南光さんが、じっくりとお話をうかがいました。【構成・野上哲】

この記事は有料記事です。

残り6151文字(全文6514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです