メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞 日本科学未来館が好評だった「予想」をやめた理由とは

2019年のノーベル化学賞受賞者が吉野彰さんに決まった翌日に、その研究内容を紹介する科学コミュニケーター=東京都の日本科学未来館で(同館提供)

 ノーベル賞各賞の発表が10月5日から始まる。医学生理学、物理学、化学の各賞で近年、日本の受賞者が相次いでおり、「今年は誰が」と予測するのも楽しみの一つだ。ところが、日本最大級の科学館「日本科学未来館」(東京都江東区)は2018年を最後に、好評だった受賞者の予想をやめた。その理由を知りたくて担当者に聞くと、意外な答えが返ってきた。【柳楽未来】

 これまでの日本の受賞者は27人(米国籍の2人を含む)。うち自然科学関連は医学生理学賞5人、物理学賞11人、化学賞8人の計24人だ。19年には吉野彰・旭化成名誉フェローが化学賞を受賞した。

 有名な業績をあげた研究者が新聞や雑誌で「有力候補」となるのは、この時期の風物詩。発表されるスウェーデンでは現地のラジオ局が例年、受賞者の予想を放送する。発表前から大きな注目を集めるのも、この賞ならではといえる。

「当たった」ばかり注目され

 大学で物理や生物などを専攻した「科学コミュニケーター」が約50人在籍する未来館も、12年から受賞者を予想、発表しており、科学ファンには好評だった。記者がノーベル賞担当だった2年前も、ひそかに参考にしていたものだ。

 なぜ、予想をやめたのか。ノーベル賞に詳しい未来館の科学コミュニケーター…

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で372人の感染確認 7日連続で300人超 新型コロナ

  2. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 宝塚ならではのコーヒーいかが 自家焙煎の3店がネットで淹れ方指南 兵庫

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです