メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「逃げたらだめだ」と炎鵬 「らしさ」取り戻して初白星 大相撲秋場所5日目 

炎鵬(左)が送り出しで竜電を破る=東京・両国国技館で2020年9月17日、長谷川直亮撮影

 大相撲秋場所5日目は17日、東京・両国国技館で行われ、前頭9枚目の炎鵬(25)=宮城野部屋=が、竜電(29)=高田川部屋=を破り、初白星を挙げた。

 回り込んで、もぐって、脚も取る。幕内最小兵の炎鵬が、「らしさ」を前面に出し、5日目にしてようやく初白星。「もう、良かったです。やっと勝てた」と、安堵(あんど)感を隠さなかった。

 身長で21センチ、体重で56キロ上回る竜電を、立ち合いで右に動いて体勢を崩した。一気の寄りはこらえられたが、今度は右膝を抱えつつ、素早く回り込む。終始、動いて翻弄(ほんろう)し続け、最後は背後を取って送り出した。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文463文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです