特集

読者の広場

「女の気持ち」「男の気持ち」「みんなの広場」「仲畑流・万能川柳」「人生相談」など、読者からの投書・声を集めました。

特集一覧

今週の気持ち

今週の気持ちは「5分間の帰省」

 「女・男の気持ち」(2020年9月10~16日、東京・大阪・西部3本社版計16本)から選んだ「今週の気持ち」は、東京本社版9月15日掲載の投稿です。

  ◆  ◆

<今週の気持ち>

5分間の帰省 静岡県小山町・高村真由美さん(主婦・62歳)

 「これからドライブスルー帰省するから、門の外に出てきてくれない?」

 金曜日の昼、社会人3年目の次男から電話がかかってきた。ドライブスルー帰省? なんだそりゃ。

 千葉に住んでいて東京勤務の次男とは、正月以来会えないでいた。「コロナが心配だから、家には入らないことにするよ」

 聞けば、大学時代から仲のよい友達3人と申し合わせて有給休暇をとり、レンタカーで山中湖へ遊びにいくとのこと。富士山中腹にある我が家は、山中湖へ向かう途中の道沿いにある。

 ほどなく、門前に車が止まった。外に出ていくと、マスクをかけた元気な若者たちが、車の中から大きく手を振っている。「久しぶり! 元気だった?」。私もマスクをつけて近づいた。

 車まで2メートル。口々に近況報告をしてくれた。みんなの目が笑っている。「独身最後だから遊んじゃう!」「彼女ができたよ!」。若者たちが次々にまくしたてる。

 たった5分の「ドライブスルー」だったのに、1時間の電話よりも豊かで楽しいものだった。当たり前に会えていたら、決して味わえない貴重な5分だった。

 若者たちの元気なパワーをもらえたし、何よりも無事で人生を楽しんでいることに安心した。ドライブスルー帰省を思いついてくれて、ありがとう!!

  ◆  ◆

<担当記者より>

 ドライブスルー帰省――よく考えたものだと感心しました。ご次男は学生時代、富士山に近い実家に友人を連れて帰省したこともあるそうで、母である高村さんも彼らとは面識がありました。「本当は家に寄ってもらい、お昼でも食べていってほしかったのですが。でもこういうご時世ですから、5分だけでも十分でした」

 モニターを使い、離れた人と顔を見ながら通話することももちろん可能です。でも「実際に息子たちに会えて、すごく安心感がありました。変な言い方ですが『生は違う』んですよ」。高村さんはユニークな表現で、そう振り返ってくださいました。

 距離を保ちつつ実現する、新しい再会の形。いいアイデアがありましたら、ぜひお寄せください。共有しましょう。みなさんからのコメントもお待ちしています。コメントはこちらからどうぞ

普段思っていることを書いてみませんか

夫、子どもや親への思い、仕事や日常の中での出来事や出会いなどを受付中です。

「女の気持ち」に投稿する

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集