メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

たちまち重版!「歪んだ正義」著者の大治朋子・毎日新聞専門記者による出版記念オンラインイベント開催

 毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)は10月6日(火)午後6時半から、大治朋子専門記者による「歪んだ正義~『普通の人』がなぜ過激化するのか」(毎日新聞出版)の出版を記念したオンライントークイベントを開催します。

 大治記者は1989年入社。2002年~03年の防衛庁(当時)による個人情報不正使用に関する報道で新聞協会賞を2年連続受賞したほか、米国の対テロ戦争の実態や米メディア再編の動きを追った長期連載で、10年度ボーン・上田記念国際記者賞も受賞した「調査報道」のプロフェッショナルです。

 当日は、現代社会に氾濫する「暴力のメカニズム」について大治記者が分かりやすく解き明かします。モデレーターは、担当編集者で毎日新聞出版図書第二編集部の峯晴子編集長が務めます。マスメディアやジャーナリズムに関心のある方は必見です。貴重な機会をお見逃しになることのないよう、奮ってご参加ください。

<内容>

・ コロナ禍での「自粛警察」、SNSによる中傷と日本人

・ 「自分は絶対に正しい」という思い込みが人間を凶暴にする

・ 紛争地で見た「歪んだ正義」

・ 危険な被害者意識と「非人間化」目線

・ 私のジャーナリズム=調査報道のイロハ

【イベント参加のお申し込みはこちらから】

【日時】2020年10月6日(火)午後6時半~8時(午後6時入室開始)

【会場】オンライン会議システム「Zoom」ウェビナーでの開催です

※お申し込みの方には前日までにURLをメールでお知らせします

【対象】どなたでもご参加いただけます

【定員】200名(先着順)

【参加費】2000円(税込)

【締切】2020年10月4日(日)

※先着順のため、定員に達し次第締め切りとなります

【ご注意】

※今回のイベントは、オンライン会議システム「Zoom」のウェビナー機能を使用します。事前にZoomをインストールしたパソコンまたはタブレットを用意のうえ、ご参加をお願いします。イベント参加者の映像(音声含む)が映し出されることはありません。

<登壇者>

大治朋子(毎日新聞専門記者)

1989年入社。東京社会部、ワシントン、エルサレム特派員。英オックスフォード大学ロイタージャーナリズム研究所客員研究員。イスラエル・ヘルツェリア学際研究所大学院修了、テルアビブ大学大学院修了(首席)。2002~03年の防衛庁(当時)による個人情報不正使用に関する報道で新聞協会賞(2年連続)受賞。10年度ボーン・上田記念国際記者賞受賞。単著に「アメリカ・メディア・ウォーズ ジャーナリズムの現在地」(講談社新書)「勝てないアメリカ『対テロ戦争』の日常」(岩波新書)など。

<モデレーター>

峯晴子(毎日新聞出版図書第二編集部編集長)

【本件に関するお問い合わせ先】

毎日新聞社D.クリエーションセンター

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです