メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

乱闘騒ぎの処分が決定…退場したネイマールは最大3試合の出場停止に

情報提供:サッカーキング

退場した5選手の処分が決定した [写真]=Getty Images
 フランス・プロリーグ機構(LFP)は16日、リーグ・アン第3節パリ・サンジェルマン(PSG)対マルセイユの一戦で退場した5選手への処分を発表した。

 13日に行われたPSGとDF酒井宏樹と長友佑都が所属するマルセイユの一戦は、マルセイユが1-0で勝利し、同カードで9年ぶりに白星を挙げた。しかし、試合終盤には両チームの選手が入り乱れての乱闘騒ぎが勃発。最終的にPSGのレイヴァン・クルザワ、レアンドロ・パレデス、ネイマールと、マルセイユのダリオ・ベネデット、ジョルダン・アマヴィの5選手が退場となった。

 ネイマールはマルセイユのアルバロ・ゴンザレスの後頭部を叩き一発退場となったが、試合後には同選手から人種差別を受けたことを主張。その一方で、マルセイユ側は調査に協力することを明らかにしつつ、同選手が人種差別主義者ではないことを主張するなど、試合後も騒動は続いていた。

 そんな中、懲戒委員会を経てLFPが処分を発表。最も重い処分を受けたのはアマヴィを蹴ったクルザワで6試合の出場停止処分に。その他、アマヴィに3試合、ネイマールとパレデスに2試合、ベネデットに1試合の出場停止処分が下された。なお、ネイマールとパレデスは出場停止明けに再び反則行為をした際にはさらに1試合の出場停止処分が課されることも発表されている。

 また、ネイマールが主張しているゴンザレスの人種差別問題と、相手選手に向けて唾を吐いた疑惑のあるアンヘル・ディ・マリアについては引き続き調査が行われることも明らかになっている。

【関連記事】
●王者PSGが開幕3戦目で初得点&初白星!…9人になるもドラクスラーが劇的決勝弾
●パリ、差別被害報告のネイマールを“強く支持”…一方のマルセイユも声明発表
●PSGの新主将はマルキーニョス!…退団した“先輩”T・シウヴァから引き継ぐ
●ゴールデンボーイ賞候補40名が発表…最も多く輩出している国は?
●プレミア&リーガの開幕節で最も高い評価を受けた新加入選手は?

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 「郵便局や銀行は潰れる」不安に駆られジャパンライフに退職金投入 後悔の日々

  5. ジャパンライフ創業者の山口元会長を詐欺容疑で逮捕 2100億円被害か 警視庁など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです