メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人間と環境表現、現代アート44点 水戸芸術館 /茨城

露口啓二さんによる福島県南相馬市の風景写真を鑑賞する来館者=水戸市五軒町で2020年9月9日、森永亨撮影

 人間と環境のつながりを考える現代アート展「道草展:未知とともに歩む」が水戸芸術館(水戸市五軒町)で開かれている。国内外で活躍する6組のアーティストのインスタレーション(空間芸術)や映像作品、写真作品など44点を展示。11月8日まで。

 世界各地で自然の音を録音してきた上村洋一さんの新作インスタレーション「息吹のなかで」は、氷塊の間を空気が通る音「流氷鳴り」をモチーフに制作した。オホーツク海でかつて聞かれた流氷鳴り…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです