犀川のほとりで 晩夏=室生洲々子 /石川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小川修さんの個展=小川デザイン事務所提供
小川修さんの個展=小川デザイン事務所提供

 多くの人がそうであったように、今年の春から私は通勤や買い物、散歩のほかは、ほとんど外出をしなかった。そのうちに在宅勤務となり、一日中家にいることが当たり前になった。六月から、やっと通勤が再開されたけれど、美術館や映画を見に行く気分にはなれなかった。

 先月下旬、数か月ぶりに、記念館のポスターやチラシのデザインをお願いしている、小川修さんの個展を見るために出かけた。句会仲間でもある小川さんは、もうすぐ八〇歳になられるが、何時(いつ)も若々しく、何事にも前向きな方だ。人生の大先輩として見習うべきところが沢山(たくさん)あると、お会いするたびに思う方である。

 個展は、ご自身の俳句に合わせデザインされたパネルを展示。一〇年間は続けようと始められ、今年は九年目になると言う。

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1252文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集