メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「伊賀焼×信楽焼」 多彩な作品192点 交流展初開催 きょうから 伊賀 /三重

講堂に展示された伊賀焼の作家4人と信楽焼の作家5人の作品=三重県伊賀市の旧崇広堂で、大西康裕撮影

 伊賀焼と信楽焼の作品を展示する「伊賀×信楽交流展」が18日、伊賀市上野丸之内の国史跡「旧崇広堂」で始まる。伊賀市文化都市協会が初開催する。17日に会場で準備をした伊賀焼の出品者4人は口々に「交流展は画期的」と意義を語った。双方合わせて192点を展示する。27日まで。期間中入場無料。

 出品作家は伊賀焼が新歓嗣▽小島憲二▽谷本景▽蓮善隆の4氏=いずれも伊賀市。信楽焼は上田直方▽小原康裕▽澤清嗣▽高橋楽斎▽藤本秀の5氏=いずれも滋賀県甲賀市…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです