メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イクメン全国1位 民間調査で佐賀、昨年の36位から 妻の評価ダントツ 若い世代に育児・家事浸透 /佐賀

 育児と家事に積極的な男性の割合を順位付けした積水ハウス(大阪市)の「イクメン力全国ランキング2020」で、昨年36位だった佐賀県が全国1位となった。妻からの評価が高くなったことが躍進につながった。2位は熊本県、3位は福岡県と、上位3位を九州勢が占めた。

 同社は9月19日を「育休を考える日」として制定。2019年から育休の取得実態を探る「イクメン白書」を公表しており、今年で2回目となる。

 調査対象は、小学生以下の子供がいる全国の20~50代の男女9400人。夫の家事・育児時間や育児休業の取得日数など4指標5項目を数値化して点数を算出した。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです