メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

新政権に望む-国難の時代

 

 「地方出身のたたき上げ」をアピールする菅義偉首相が誕生した。前政権の継承を掲げ、「国民のために働く」と意欲を語る。新型コロナウイルスの感染拡大などに伴う社会の混乱や分断は収束できるのか。諸外国とはどのように向き合うべきか。疲弊する地方の声に耳を傾けられるか。菅新首相へのメッセージを聞いた。

縦割りの弊害打破して 畠山重篤・カキ養殖業

 菅首相の自民党総裁選への立候補会見を聞いて、「おっ、この方なら漁民の話を聞いてくれるのではないか」と思った。ダムについて言及しておられたからである。

この記事は有料記事です。

残り4312文字(全文4554文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです