メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

単純化と醜聞のすっぱ抜き=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 自民党の新総裁は候補者間の激しい戦いもなく、出来レースのように決まった。一方、11月に迫った米大統領選では、米中の緊張関係が増大するとともに、スキャンダルのすっぱ抜き合戦が激しくなっている。国際間の緊張を高めるとともに、スキャンダルで対立候補の評判を引きずり下ろすしか大衆の支持を集める方法はないといった様相である。

 物事を過度に単純化しないことによって信頼を得ていたはずの知識人は、懐疑という最大の武器を捨て去ることで、権力者に近い存在になることが可能になってしまった。思想家ボルテールとプロイセン国王フリードリヒ2世の親交、ドレフュス事件で作家ゾラが政治的に果たした影響力、哲学者サルトルや作家カミュと政治家など、権力者との関わりにおいて知識人の役割は大きかった。だが、スキャンダルのすっぱ抜き、単純化を競う知識…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです