メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3.6万年前の石器出土 「後期旧石器」最古級 京都・上野遺跡

上野遺跡から見つかった後期旧石器時代初頭の石器のかけら。右は隠岐諸島のものと分かった黒曜石=京都府京丹後市で17日

 京都府埋蔵文化財調査研究センターは17日、上野遺跡(同府京丹後市丹後町)から、後期旧石器時代(約4万年前~約1万6000年前)の初頭に当たる、約3万6000年前ごろのものとみられる石器や石器のかけら計152点が出土したと発表した。かけらのうち5点は隠岐諸島(島根県)の黒曜石と判明。隠岐産の黒曜石が使われた後期旧石器時代の石器は島根、岡山両県などでも見つかっているが、同時期の遺跡での発掘例としては上野遺跡が国内最東端になるという。

 同センターによると、石器やかけらは約6万年前と約3万年前の火山灰層に挟まれた地層の3カ所から出土。他の地域で同じ地層から見つかった、同種の石器などから時期を推定した。日本人の祖先に当たる人間が初めて日本列島に現れた頃と同時期とみられ、国内で見つかった後期旧石器時代の石器では最古級とみられる。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです