メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BS未来館

“ご隠居”水谷豊が大活躍

左から岸部一徳、水谷豊、壇れい

 「ご隠居」という言葉はすてきだ。今使われている「高齢者」は無機的だし、「お年寄り」には「保護の対象者」感がにじんでいる。「ご隠居」には居場所がある。娯楽作品に登場する隠居たちも、世直しの水戸黄門から落語の横町のご隠居まで、元気で人の役に立っている。

 BS朝日で22日放送の「無用庵隠居修行4」(午後8時)の日向半兵衛(水谷豊)もそうだ。直参旗本の身だったが、出世競争に嫌気がさして家督を養子の新太郎(田…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです