メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 阿武咲、単独トップ 悔しさ糧に5連勝

阿武咲(左)が押し出しで碧山を破る=長谷川直亮撮影

 一つ勝つことの難しさを思い知り、一皮むけたか。平幕・阿武咲(おうのしょう)が碧山に勝ち、幕内唯一の無敗を守った。

 2回突っかけて仕切り直したが、落ち着いていた。3度目で成立した立ち合い、碧山の強い当たりで起こされ、直後に引かれたが動じず。踏ん張って逆に土俵際に追い詰め、苦し紛れの差し手もうまく巻き替えて押し出した。「相手の動きはしっかりと見えていた。肩の力を抜いて、下半身で運べた」と、会心の相撲を振り返った。

 前頭2枚目だった先場所は初日から13連敗。「これ以上ないというほど、相撲人生で一番つらかった」と言うが、決して土俵から逃げ出さず、持ち味の押し相撲を最後まで貫いた。「上位陣に負けないよう意識しすぎて硬くなっていた。できることだけやっていこう」。今場所前は体を一から作り直し、突き押しに磨きを掛けることだけに注力した。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1058文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです