大相撲秋場所 阿武咲、単独トップ 悔しさ糧に5連勝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
阿武咲(左)が押し出しで碧山を破る=長谷川直亮撮影
阿武咲(左)が押し出しで碧山を破る=長谷川直亮撮影

5日目(17日・両国国技館)

 一つ勝つことの難しさを思い知り、一皮むけたか。平幕・阿武咲(おうのしょう)が碧山に勝ち、幕内唯一の無敗を守った。

 2回突っかけて仕切り直したが、落ち着いていた。3度目で成立した立ち合い、碧山の強い当たりで起こされ、直後に引かれたが動じず。踏ん張って逆に土俵際に追い詰め、苦し紛れの差し手もうまく巻き替えて押し出した。「相手の動きはしっかりと見えていた。肩の力を抜いて、下半身で運べた」と、会心の相撲を振り返った。

 前頭2枚目だった先場所は初日から13連敗。「これ以上ないというほど、相撲人生で一番つらかった」と言うが、決して土俵から逃げ出さず、持ち味の押し相撲を最後まで貫いた。「上位陣に負けないよう意識しすぎて硬くなっていた。できることだけやっていこう」。今場所前は体を一から作り直し、突き押しに磨きを掛けることだけに注力した。

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文1058文字)

あわせて読みたい

注目の特集