メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自分らしさってなんだろう。

「彼女がいる」何が変?=下山田志帆

パートナーと笑顔で写真に納まる下山田(右)=小川拓也撮影

 日本の女子サッカー界は、社会が持つ“女性らしさ”のイメージにとらわれず、多様な選手が存在する場所です。それが一つの強み。ボーイッシュな選手やフェミニンな選手、それぞれが自分らしい姿を表現できる環境がそこにはあります。

 来年9月、女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ」が開幕します。WEリーグのロゴはモノクロでした。これまで「女子=ピンク系」が使われがちだったので、変化と期待を感じます。女子サッカーとは何か。どういう人たちに見に来てほしいか。メッセージを発信していくことも大事です。

 WEリーグは女性のエンパワーメントを掲げています。「女性」を発信する時、「女性の枠組みの中にもいろいろな人がいてもいいよね」「いろいろな人がいて初めて一つのチームになるよね」という見せ方ができるといい。社会に居場所がないと感じる人がスタジアムで試合を見て元気になってくれたり、居場所を感じてくれたりするかもしれません。そういう呼び込み方もできると思います。

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです