メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3.6万年前の石器出土 「後期旧石器」最古級 京都

 京都府埋蔵文化財調査研究センターは17日、上野遺跡(同府京丹後市丹後町)から、後期旧石器時代(約4万年前~約1万6000年前)の初頭に当たる、約3万6000年前ごろのものとみられる石器や石器のかけら計152点が出土したと発表した。かけらのうち5点は隠岐諸島(島根県)の黒曜石と判明。隠岐産の黒曜石が使われた後期旧石器時代の石器は島根、岡山両県などでも見つかっているが、同時期の遺跡での発掘例としては上野遺跡が国内最東端になるという。

 同センターによると、石器やかけらは約6万年前と約3万年前の火山灰層に挟まれた地層の3カ所から出土。他の地域で同じ地層から見つかった、同種の石器などから時期を推定した。日本人の祖先に当たる人間が初めて日本列島に現れた頃と同時期とみられ、国内で見つかった後期旧石器時代の石器では最古級とみられる。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです