メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「拉致問題」のイメージ強いが… 平沢復興相、被災地再生に抱負 「住みたいと思える地域に」

就任記者会見で質問に答える平沢勝栄復興相=首相官邸で2020年9月17日午前0時44分、滝川大貴撮影

 テレビ番組で舌鋒(ぜっぽう)鋭く政治の話題にコメントしてきた平沢勝栄・衆院議員(75)=自民=が、16日に誕生した菅義偉内閣のもとで初入閣を果たした。任じられたのは、東日本大震災からの被災地の復興を担う「復興相」。衆院拉致特別委員長を務めるなど拉致問題に精力的に取り組んできた姿は浮かぶものの、自身の選挙区も東京17区(葛飾区、江戸川区)で、なかなか被災地とは結びつかない。そんな平沢氏が、就任記者会見で語った復興ビジョンの本気度はいかに。

 「総理大臣は平成に18人ですよ。諸外国からみたら回転寿司のように変わると思われちゃってる」。17日未明、復興庁で行われた就任会見で、復興相が震災後からこれまでに9人代わり継続性がないのではと問われると、「安倍総理は7年8カ月やられたわけですけど、残りは平成になって何人だと思います?」と記者に逆質問し、冒頭の発言を続けた。復興相が失言などで相次いで交代したいきさつがあるのに「9人交代」に関する明確なコメントはなく、復興を担う国の司令塔として…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです