メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで2度休業の通所介護施設、喜びの再開 「通えなくなり、食欲ない日続いた」

再開した「らくださん家」で塗り絵や囲碁を楽しむ高齢者。右から2人目は北岡さん=東京都八王子市寺田町で

 新型コロナウイルスの影響で休業していた東京都八王子市寺田町の通所介護デイサービス施設「コミュニティスペースらくださん家(ち)」が9月、業務を再開した。介護を要する高齢者は活動しないと心身機能が低下しやすくなるとされており、当事者には待ちに待ったオープンとなった。【野倉恵】

 住宅団地1階のらくださん家で10日、お年寄り5人が塗り絵や囲碁を楽しんでいた。「通えなくなり、外にも出られず食欲のない日が続き、4キロやせました。一時は死んでもいいと思った。みなさんに会えてうれしい」。週2回通う1人暮らしの小門廣さん(86)は笑顔。塗り絵を楽しんでいた青柳和子さん(93)の長女、羽鳥やよいさん(72)は「母は張り合いをなくし、寝間着のままベッドで過ごす日もあった。物忘れが進み、歩く力が弱まるのが心配だった」と再開を喜んだ。

 介護ではトイレや食事の介助で利用者との接触が避けられない。感染が広がる中、人繰りも苦しくなり、3月に休業した。運営するNPO法人代表の北岡敬子さん(69)は「団地の一室で感染者が出れば広がりやすいと考えた」と話す。6月に一時再開したが、7月から再休業していた。

この記事は有料記事です。

残り459文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです