メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロレス元王者・中西学さん 人生第2ラウンドは家業の茶農家 「魅力、世界へ」

茶葉栽培に「闘魂」を燃やす中西学さん=京都府宇治市で2020年7月19日午後0時2分、千葉紀和撮影

 プロレスの元王者がリングを降り、地元の京都府宇治市で茶農家として新たな闘いを始めた。茶葉の栽培ではまだ駆け出しだが、元レスラーならではの体力を生かし、炎天下の茶畑で草抜きなどの作業を黙々と続ける。「やるからには腰を据えて、長い伝統のあるお茶の文化を守り、宇治茶の魅力を世界に届けたい」。人生第2幕となる茶業の世界でもチャンピオンを目指す。

 宇治市に隣接する京都市伏見区出身の新日本プロレス元レスラー、中西学さん(53)。宇治市にある宇治高(現立命館宇治高)で始めたアマレスで活躍し、専修大に進んだ後、全日本レスリング選手権で4連覇を達成。1992年のバルセロナ五輪に出場後、新日本プロレスに入門した。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1051文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「誤解に基づいた意見も」 学術会議・梶田会長「正確なデータに基づく議論」訴え 会見詳報

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 二階派幹部、車で10時間かけて地元・山口に帰ったわけは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです