メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リモートワーク最前線

感染は? 旅先で不安は? ウィズコロナ時代のワーケーション GoTo東京追加で身近に

北海道・富良野の別荘地でワーケーションをする鈴木正義さん=本人提供

 10月から「Go Toトラベル」の対象地域に東京が追加され、18日から割引対象となる東京発着の旅行予約も始まった。旅行には行きたいが、新型コロナウイルスの感染状況は心配だ。そこで、旅先で仕事をする「ワーケーション」という第3の選択肢を真面目に考えてみた。【今村茜/統合デジタル取材センター】

 「仕事をしている間、妻は楽しそうに観光をしていました。旅行前に『この日は仕事があって一緒に行けないけど、この日なら大丈夫』と夫婦で合意すれば、こうした旅行はありですね」

 夏の終わりの北海道富良野市は、色とりどりの花が美しく、都会に比べ人は少なく快適だった。横浜市に住む鈴木正義さん(55)は、爽やかな風が吹き抜ける富良野の民泊施設のベランダに陣取り、ノートパソコンを広げてメールチェックをすませた。

 NECパーソナルコンピュータの広報部に勤め、仕事はプレスリリース作成や取材対応が中心。この日は翌月に開催する記者発表の内容を、社内・社外関係者とウェブ会議で打ち合わせた。

 富良野市が開催したワーケーション体験ツアーに、「奥さん孝行になるかな」と妻帯同で参加した鈴木さん。妻は旅行好きだが、自分は仕事が忙しく、夫婦で旅行にでかけるチャンスは少ない。今回は7日間富良野市に滞在し、土日は妻と観光、平日は休みを取らず、定時通り働いた。

 「ウェブ会議では、背景にバーチャル画像をつかえば、どこにいるかほぼ関係ない。普段から、出社は『リアルでしか対応できない』と依頼が入る時くらいで、月1、2回。富良野で仕事をしていても、いつもと変わりません」

 鈴木さんの会社は、コロナ禍で在宅勤務が浸透。現在東京オフィスに勤める社員の9割がリモートワークだという。

 コロナ禍をきっかけに、働き方が大きく変わった人は多い。信用調査会社の東京商工リサーチが今年6~7月に実施した調査では、在宅勤務やリモートワークを「現在、実施している」と回答した企業は3割で、そのうち「5割以上」の従業員が実施している企業は半数に上った。従業員の「10割」、つまり全員が実施していると答えた企業も2割弱あった。

 リモートワークが可能な人々にとって、…

この記事は有料記事です。

残り2090文字(全文2989文字)

今村茜

1982年生まれ、鹿児島県出身。高校時代を米国で過ごし、2006年筑波大学卒業、毎日新聞社入社。福島支局や世論調査室を経て、17年から経済部でIT系や流通・商社などの民間企業を担当。19年5月から現職。主な関心はビジネス、働き方、テクノロジー&データ、子育て。2児の母です。日々テレワークのノマドワーカー。子連れワーケーション推進中。和菓子と着物好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです