メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#やまゆり園事件は終わったか~福祉を問う

⑦地域生活に「生きづらさ」 ケア充実の施設に「居場所」 理想と現実のはざまで

両親が参加する意思決定支援の会議では、やまゆり園での様子から当事者の意思表現の仕方などを探った=横浜市港南区で

 1960年代後半から70年代にかけて、重度の知的障害がある人たちのための大規模施設「コロニー」の建設が相次いだ。その後、国は施設から地域のグループホームなどに生活の場を移す「地域移行」を掲げるようになったが、移行は停滞している。施設を望む親、地域での生活を望む親もいる。それぞれの思いに耳を傾けると、この問題の根深さがのぞく。【上東麻子、宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

 「施設か地域か」という二項対立は、実は複雑な問題だ。おおまかに言うと、親亡き後を心配して障害がある子どもを施設に入れる親や施設の必要性を訴える人と、地域のグループホームなどでの暮らしを支持する人たちとの対立を指す。

 津久井やまゆり園の建て替え時もこの議論が起きた。

 神奈川県は事件直後、元の規模とほぼ同じ150人規模の施設を再建する構想を打ち出した。これに対し、障害者団体などから「管理された入所生活が長期に及ぶと社会との隔絶につながる」と大規模施設に批判的な意見が相次いだ。一方、園の家族会の親たちからは「(施設は)やっとたどりついた場所だし、運営法人に信頼もある。元の姿に戻してほしい」という声が寄せられた。

 津久井やまゆり園の家族会会長の大月和真さん(…

この記事は有料記事です。

残り2556文字(全文3076文字)

上東麻子

1996年毎日新聞入社。佐賀支局、西部本社、毎日小学生新聞、東京本社くらし医療部などをへて2020年から統合デジタル取材センター。障害福祉、精神医療、差別、性暴力、「境界」に関心がある。日本新聞協会賞を受賞したキャンペーン報道「旧優生保護法を問う」取材班。共著に「強制不妊」(毎日新聞出版)。散歩とヨガ、ものづくりが好き。

宇多川はるか

2007年入社。仙台支局で東日本大震災、横浜支局で相模原障害者施設殺傷事件を取材。2018年から統合デジタル取材センター。小児がん、保育、虐待など子どもを巡るテーマ、障害者福祉、性暴力、ハラスメントの問題を継続取材。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです