トリケラトプスは嗅覚鈍く、動きも鈍い? 頭骨化石から脳を解析 福井県立大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
研究に使われた福井県立恐竜博物館のトリケラトプスの頭骨化石=河部壮一郎・福井県立大恐竜学研究所准教授提供
研究に使われた福井県立恐竜博物館のトリケラトプスの頭骨化石=河部壮一郎・福井県立大恐竜学研究所准教授提供

 福井県立大恐竜学研究所は18日、白亜紀後期(約6800万~6600万年前)に生息した草食恐竜「トリケラトプス」の頭骨化石から脳や内耳などがあった内部を解析した結果、嗅覚は鈍く、機敏な動きが苦手だった可能性が高いとする研究結果を公表した。一方で遠くの音を察知する能力は高かったという。同日付で論文がインターネット科学雑誌「PeerJ」に掲載された。

 恐竜の脳などの組織は化石としては残らないが、研究では、福井県立恐竜博物館が所蔵する、北米で見つかった二つのトリケラトプスの頭骨化石内の空洞やくぼみをCTスキャンで解析。脳や内耳、神経など内部器官の形状などを立体的に再現し…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文737文字)

あわせて読みたい

注目の特集