広島の中3いじめ自殺 遺族が5000万円損賠求め市を提訴 「学校の対応不適切」 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島市役所=広島市中区で2019年4月5日、寺岡俊撮影
広島市役所=広島市中区で2019年4月5日、寺岡俊撮影

 広島市佐伯区の市立五日市観音中で2017年7月、3年生だった女子生徒(当時14歳)が自ら命を絶ったのは、いじめを巡る中学側の不適切な対応に問題があったとして、遺族が市に約5000万円の損害賠償を求める訴訟を広島地裁に起こした。提訴は7月22日付。

 訴状によると、生徒は小学校の時からいじめに遭い、中学進学後も同級生から悪口を言われたり、授業中に消しゴムを投げら…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

ニュース特集