メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

延期五輪の簡素化難航 費用削減、最大で数百億円程度か 全体は3000億円規模増も

開幕を待つ国立競技場(中央)=東京都新宿区で2020年5月26日午後2時39分、本社ヘリから

 新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京オリンピック・パラリンピックの大会簡素化に伴う費用削減効果は、最大でも数百億円規模にとどまる見通しとなった。18日、複数の関係者が明らかにした。国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会などが24、25日に調整委員会を開き、協議を進める。

 現行の大会経費は1兆3500億円だが、延期に伴う契約延長などで追加経費は3000億円規模で膨らむと予想される。このため組織委は6月、計画の効率化と合理化による大会の簡素化を図ることでIOCと合意した。

 ただ経費の半分以上を占める会場整備費は投入済みであり、競技数や参加選手数は簡素化の対象外として大会規模を維持することから削…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです