連載

時事ウオッチ

関西の大学で教壇に立つ気鋭の研究者4人が交代で時事問題について執筆します。

連載一覧

時事ウオッチ

オンラインが開く新時代=松永桂子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ひと雨ごとに暑さがやわらぎ、移ろいを感じる爽秋。そろそろ大学では後期の授業が始まる。私が勤務する大阪市立大では、前期に続き後期も大半の授業がオンライン実施と決まった。教員たちは自身の授業のスタイルを築こうと試行錯誤している。半期の経験から、少人数のゼミや実験系の授業は遠隔と対面のハイブリッドスタイルに落ち着きつつあるようだ。

 私のゼミではウェブ会議システム「Zoom」を使い、政策提言に向け議論している。フラットな画面越しで緊張感が薄れるのか、思いのほか議論が進むこともある。これまでゼミの場では、思考し発言することに意味があったが、オンラインで発言の敷居が下がった分、自ら行動して獲得した知を伝える力がより重要になるのではないかと感じる。ツールが変わっただけではないのだ。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1412文字)

あわせて読みたい

注目の特集