新型コロナ 入国規制緩和 「これから頑張ります」 ベトナム人技能実習生来県 /岩手

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「盛岡情報ビジネス&デザイン専門学校」の工藤昌雄校長のあいさつに笑顔を見せる実習生=盛岡市大沢川原で
「盛岡情報ビジネス&デザイン専門学校」の工藤昌雄校長のあいさつに笑顔を見せる実習生=盛岡市大沢川原で

 ベトナム人技能実習生6人が18日、日本語を学ぶため、盛岡市の「盛岡情報ビジネス&デザイン専門学校」の入校式に臨んだ。新型コロナウイルスによる入国規制で、当初の予定より5カ月遅れの来県となった。6人は「これから頑張ります」と覚えたての日本語で意気込みを語った。

 政府は感染症拡大防止のため、4月にベトナムなどを入国拒否の対象国とした。6月に規制の一部緩和方針が決まり、7月に「感染状況が落ち着いた」として、技能実習生などベトナムからのビジネス関係者に対するビザ発給を再開した。

 入校式に臨んだのは10~30代のベトナム人男性4人と女性2人。県内の養鶏業と自動車整備業の企業が受け入れ先になる。グエン・ティ・ナム・チャウさん(19)は「盛岡は景色がきれいで食べ物もおいしい」と印象を語り、「日本語は難しいが、一生懸命勉強したい」とはにかんだ。12歳の弟と6歳の妹がいるファン・カン・トゥアン・アンさん(19)は「両親を助けるために日本へ来た。家族と離れるのは悲しいが、これから仕…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文609文字)

あわせて読みたい

注目の特集