メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・くつろぎの宿

霧積温泉 金湯館/下 秘湯で心や体癒やす 手つかずの自然、脅威に /東京

宿を切り盛りする4代目の佐藤淳さん、知美さん夫妻と3代目女将のみどりさん、そして愛犬のリッチ

 山奥にある一軒宿はほぼ手つかずの自然との闘いでもある。昨年10月、台風19号が群馬県内を襲った。激しい雨により金湯館につながる県道が崩落し、一般車両が通行止めになった。設備に支障はなかったが、復旧工事には1年かかるともいわれ、苦境に立たされる。

 4代目女将の佐藤知美さん(49)が振り返る。

 まず、宿のフェイスブックに徒歩ルートや周辺の写真を掲載した。県道を通らず、隣町の長野県軽井沢町にある熊野神社から片道8キロ、3時間かかる徒歩ルートだったが、60人近い客が3時間の山道を登ってやってきてくれた。前橋市在住の男性客(29)が言う。「山道の行き帰りは少しきつかったけど、静かで本当にいいところだった」

 年間2500人が訪れていたが、県道寸断中のキャンセルは1000人弱に及んだという。「再開したら必ず行きます」という言葉も寄せられ、「励まされた」と女将は言う。県道復旧は1年かからず、4カ月後の2月1日に再開した。しかし、3月に入ると新型コロナウイルスの影響で再び苦境に立たされた。東京近郊からの客が多かっただけに、キャンセルも相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです