メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

毎日文化センター 文学・歴史 火縄銃と鉄砲隊のウソ・ホント 名駅 /愛知

火縄銃演武を披露する七種さん

[PR]

 日本史の歩みを加速させた兵器、火縄銃。明智光秀は銃が得意だったそうで、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でも、重要なアイテムとして度々登場します。

 テレビや映画では、整列した鉄砲隊が「ずどん」ですが、実際に1分間に何発撃てるのか? 有効射程は? 疑問や興味がわいてきます。

 現代でも、全国60以上の「鉄砲隊」が昔ながらの火縄銃を操り、歴史祭りやイベントで演舞を行っています。その一つ、愛知県古銃研究会・西尾藩鉄砲衆に所属しているのが、戦国史跡ナビゲーター・七種英康さん。県内にある2000以上の古城や城跡を訪れ、独自の研究や調査を継続中。当センターでも古城・史跡の現地講座を担当しています。

 「実際に火縄銃を扱ってみたら、テレビドラマや映画では描いていない火縄銃の特性がわかり、歴史と現実のギャップや面白さがあるのだなと実感しました」という七種さん。火縄銃に関連した史実の真偽や、現在の鉄砲隊の活動についてなど、楽しくお話しします。

 特別講座「現役鉄砲隊が語る 火縄銃と鉄砲隊のウソ・ホント」は、10月24日(土)の午後3時~4時半。受講料は2310円。(毎日文化センター・草間隆太)<毎日書道展審査会員・原田凍谷>


 申し込みや問い合わせは、名古屋市中村区名駅1 名鉄バスターミナルビル10階 毎日文化センター(052・581・1366)。ホームページ「毎日文化センター 名古屋」で検索。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです