メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行政ファイル

県とJAいがふるさと相手に公害調停を申請 /三重

 伊賀ふるさと農業協同組合(JAいがふるさと)の牛ふんなどを堆肥にする施設(伊賀市炊村)をめぐり、地元住民の土地所有者ら2人が18日、公害紛争処理法に基づき、県公害審査会に調停を申請した。申請書などによると、2015年ころから施設に処理能力を超える牛ふんが持ち込まれ、散乱。調整池に流入し水質を汚濁さ…

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文341文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです