メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 修学旅行、県内シフト 小学9割、中学は半数変更 /三重

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県外に行く予定だった修学旅行先を県内に変更する小中学校が相次いでいる。県教育委員会が18日に明らかにした県内の市立小中学校の修学旅行の計画状況(8日時点)では、小学校の約9割、中学校では半数が行き先を県内に変更している。児童・生徒の移動による新型コロナの感染リスクを避けるためとして、各学校が判断した。【森田采花】

 県教委のまとめによると、修学旅行を実施するとした小学校344校、中学校142校のうち、行き先を県内に変更した小学校は321校、中学校は77校だった。一方、行き先を県外としたのは小学校3校、中学校46校で、県内外としたのは小中学校ともに20校だった。修学旅行を実施しても宿泊せず、日帰りするとした学校は、小学校で7校、中学校で8校に上った。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです