メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四日市の新たな魅力発掘 商議所が「変わり種」観光企画 工業支える鉄道から暁石鹸、書店まで /三重

末広橋梁を通過するディーゼル機関車DD51=大ナゴヤツアーズ提供

 観光資源が少ないといわれる四日市市だが、新たな魅力を発掘したツアーを四日市商工会議所が企画、11月に珍しいディーゼル機関車を見学する女性限定ツアーなど三つを開催する。いずれも現地集合でバスを使わず、定員も少人数制。同商議所は「コロナ下の新しい観光スタイルなので、市外からもぜひ参加してほしい」と話している。

 名古屋圏で体験型の催しを企画、運営している「大ナゴヤツアーズ」(加藤幹泰代表)とタイアップして展開する。市内の「知っているようで知らない」魅力を選んで秋、冬で3ツアーずつ企画した。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです