メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四日市の新たな魅力発掘 商議所が「変わり種」観光企画 工業支える鉄道から暁石鹸、書店まで /三重

末広橋梁を通過するディーゼル機関車DD51=大ナゴヤツアーズ提供

 観光資源が少ないといわれる四日市市だが、新たな魅力を発掘したツアーを四日市商工会議所が企画、11月に珍しいディーゼル機関車を見学する女性限定ツアーなど三つを開催する。いずれも現地集合でバスを使わず、定員も少人数制。同商議所は「コロナ下の新しい観光スタイルなので、市外からもぜひ参加してほしい」と話している。

 名古屋圏で体験型の催しを企画、運営している「大ナゴヤツアーズ」(加藤幹泰代表)とタイアップして展開する。市内の「知っているようで知らない」魅力を選んで秋、冬で3ツアーずつ企画した。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです