メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はんなりはん

コロナで変わる生活様式 新たな発想で変化を /滋賀

 コロナ禍によって、明らかにわたしたちの生活は大きく変わってきています。マスクが足りないとか、手を洗う回数が増えたとかそういう問題ではなくて、生活様式やビジネスのあり方が徐々に変わってきているように思えます。

 私は二つの大学で教えていますが、前期・後期共にウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」によるリモート授業をしています。学生たちの多くは大学に行かずに自宅や下宿からインターネットを経由して授業に参加しています。リアルに対面授業をしていたときに比べて、工夫すれば学生たちが積極的に参加する授業をつくることができます。Zoomはどんどん進化していますので、こうしたニーズをどんどん生かして改良されていきそうです。

 授業が終わってからも私は少しZoomをそのままにして、学生たちに何か困ったことがないか、聞く時間を必ず作っています。授業としてはそんな時間を設ける必要ないのですが、自分が教える学生たちの悩みやストレス解消のために、自主的にしています。リアルの時は時間の許す限り、学生の相談に乗っていたのですが、今は結構時間に追われてしまいます。

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです