メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「イラン制裁」孤立する米 国連安保理同調なく 13カ国「復活求める権利ない」

共同記者会見に臨むポンペオ米国務長官(右)とラーブ英外相=米ワシントンで2020年9月16日、AP

 イラン核合意で解除された国連安全保障理事会の対イラン制裁をめぐり、制裁の全面復活(スナップバック)を主張している米国の孤立が浮き彫りになっている。米国は米東部時間19日夜(日本時間20日朝)からの制裁復活を主張しているが、理事国(15カ国)の大半は核合意から離脱した米国に制裁復活を求める権利はないと判断。「完全に無視する」(安保理外交筋)との意見が大勢だ。専門家は「多国間協力を軽んじたトランプ米政権がその代償を支払わされる失敗例の一つ」と指摘している。

 「実にシンプルな話で(核合意に参加した米国には)制裁を全面復活させる権利がある。我々はそれを行使する。制裁の完全実施に向けて、必要なことはすべて行う」

この記事は有料記事です。

残り1032文字(全文1337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです