メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

日本のかじ取り 課題山積=ベトナム簿記普及推進協議会理事長・大武健一郎

 厚生省(現厚生労働省)年金局に赴任した1976年、前年の合計特殊出生率(女性が一生に産む子供の数)が1・91になったことが発表された。新聞でも大きく取り上げられ、自分は終生、人口問題に関心を持つことになった。

 87年の売上税廃案後、出向先の石川県から大蔵省(現財務省)主税局に着任した。その頃には高齢化が進み社会保障支出が急増する一方、少子化による労働力人口の減少が始まり、所得税に依存してきた税収が減少するのは明らかだった。その後、財務省を退職するまで消費税の導入と消費税率引き上げに努めることになったが、全員が負担する消費税への反対は極めて強く、「税と社会保障の一体…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文716文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 菅内閣支持33%、不支持57% 緊急事態遅すぎる71% 毎日新聞世論調査

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 大阪で629人が新たに感染 過去3番目の多さ 新型コロナ

  5. 感染拡大「行政の責任が重い」40% ワクチン「期待」72% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです