大相撲秋場所 阿武咲に土

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千代大龍(右)が押し出しで阿武咲を破る=東京・両国国技館で2020年9月18日、丸山博撮影
千代大龍(右)が押し出しで阿武咲を破る=東京・両国国技館で2020年9月18日、丸山博撮影

6日目(18日・両国国技館)

 迷いなくがむしゃらに前に出た。三役経験者の平幕・千代大龍が好調だ。この日は唯一全勝だった阿武咲に一気の押しで快勝し、1敗を守った。

 ともに押し相撲が持ち味の一番。互いに突っかけ合って2度の待ったがあったが、千代大龍は「前に出るしかない」と集中を切らさなかった。立ち合い、鋭く踏み込んで左から強烈にかち上げた。阿武咲の体勢を起こすと、回転の速い突っ張りで前進。最後まで足を止めず、相手に何もさせなかった。「良かったですね。前に出る相撲が取れた」と声を弾ませた。

 左のかち上げと突き押しを軸とした速攻で、小結までのし上がった千代大龍も、2018年春場所を最後に三役から遠ざかる。取り口を改善しようと、相手の特徴に合わせて立ち合いの当たりを変えるなど工夫を重ねたが、先場所は負け越し。結果につながらず、「ここまでどうやって勝ち上がってきたのか考えた」。たどり着いた答えが左のかち上げから前に出る得意の形だった。今場所は思い切りの良い立ち合いが戻り、「迷いなんて一つ…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文803文字)

あわせて読みたい

注目の特集