メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 阿武咲に土

千代大龍(右)が押し出しで阿武咲を破る=東京・両国国技館で2020年9月18日、丸山博撮影

 迷いなくがむしゃらに前に出た。三役経験者の平幕・千代大龍が好調だ。この日は唯一全勝だった阿武咲に一気の押しで快勝し、1敗を守った。

 ともに押し相撲が持ち味の一番。互いに突っかけ合って2度の待ったがあったが、千代大龍は「前に出るしかない」と集中を切らさなかった。立ち合い、鋭く踏み込んで左から強烈にかち上げた。阿武咲の体勢を起こすと、回転の速い突っ張りで前進。最後まで足を止めず、相手に何もさせなかった。「良かったですね。前に出る相撲が取れた」と声を弾ませた。

 左のかち上げと突き押しを軸とした速攻で、小結までのし上がった千代大龍も、2018年春場所を最後に三役から遠ざかる。取り口を改善しようと、相手の特徴に合わせて立ち合いの当たりを変えるなど工夫を重ねたが、先場所は負け越し。結果につながらず、「ここまでどうやって勝ち上がってきたのか考えた」。たどり着いた答えが左のかち上げから前に出る得意の形だった。今場所は思い切りの良い立ち合いが戻り、「迷いなんて一つ…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです