メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古今の爬虫類、ナゾを追う トリケラトプス ノロマで鼻利かず 福井県立大、脳など研究

 福井県立大恐竜学研究所は18日、白亜紀後期(約6800万~6600万年前)に生息した草食恐竜「トリケラトプス」の頭骨化石から脳や内耳などがあった内部を解析した結果、嗅覚は鈍く、機敏な動きが苦手だった可能性が高いとする研究結果を公表した。一方で遠くの音を察知する能力は高かったという。同日付で論文がインターネット科学雑誌「PeerJ」に掲載された。

 恐竜の脳などの組織は化石としては残らないが、研究では、福井県立恐竜博物館が所蔵する、北米で見つかった二つのトリケラトプスの頭骨化石内の空洞やくぼみをCTスキャンで解析。脳や内耳、神経など内部器官の形状などを立体的に再現し、他の恐竜と比較することから機能を分析した。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです