「デジタル庁、来年スタートしたい」 平井担当相、準備室を9月中に設立の意向

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
デジタル庁の設置に向けた検討会であいさつする平井卓也デジタル・IT担当相(中央奥)=東京都港区で2020年9月19日午後1時58分、後藤豪撮影
デジタル庁の設置に向けた検討会であいさつする平井卓也デジタル・IT担当相(中央奥)=東京都港区で2020年9月19日午後1時58分、後藤豪撮影

 政府は19日、菅義偉首相が新設を明言している「デジタル庁」の設置に向け、組織や政策の方向性などについて検討する会合を開いた。平井卓也デジタル・IT担当相は会議終了後、「デジタル庁設置準備室」を今月中にも内閣官房に設立する意向を明らかにした。デジタル庁の設置時期については「来年にはスタートしたい」と述べた。

 準備室は、内閣官房や総務省、経済産業省など各省庁にあるデジタル政策関連部署から40~50人程度を集めて設立する方針。デジタル庁のあり方について、広く一般から意見を募ることも検討する。平井氏はまた、20日のフジテレビの番組で、デジタル関連の政府予算に関して「(概算)要求段階からデジタル庁でやりたい」と述べ、各省庁の関連予算を一本化したい考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り92文字(全文422文字)

あわせて読みたい

注目の特集